孤独と孤独感を科学する

孤独は精神によくない

コミュニケーションを磨かないと将来やっていけない

学校で一人ぼっちなんて変…

学校でも一人様な僕たちはいるだけで同級生には汚物を見るような目で見られ、大人たちには非難され、肩身の狭い思いをしたことがあるでしょう。(泣)

実際に孤独がメンタルによろしくないとか、寿命が縮むとか、認知症が進むとか、IQが下がるとかで、科学の世界からもまぁまぁディスられているわけです。

しかし、多くの科学論文が指す「孤独」の定義は何なのかと見直してみたところ、実際に孤独かどうかより、孤独感を感じているかどうかが問題という定義が多かったので考察してみたいと思います。

 

一番不幸なのは「ぼっち」ではなく「キョロ充」だった

ひとりぼっちでいることに孤独感を感じる…。だから俺は友だちが欲しいんや!」という方にハッキリ申し上げますと、友だちをつくっても無駄です。

なぜなら、友だちが多くいても孤独感を感じる人もいるからです。

そもそも孤独には社会的な孤独と感情的な孤独に分かれます。

  • 社会的な孤独とは友だちがいないこと
  • 感情的な孤独とは友だちがいるいないに関係なく自分が受け入れられていない寂しさがあること

社会的な孤独はメンタル的には問題がないのですが、感情的な孤独は幸福度が下がり、うつ傾向も高まるのです。

つまり、友だちがいてもいなくても孤独感を感じている人は一定数存在し、充実感がないということです。

リア充のなかに紛れて話を合わせている人たちが感情的孤独を感じている人に当たります。

リア充のなかでキョロキョロして空気を読んで、充実しているように錯覚している連中なので「キョロ充」と名付けます。

 

僕もキョロ充だったときは不快なイジりを受けたり、ボール遊びをしたあとは必ず片付けさせられたりと、友だちはいたけど孤独感を感じていました。

つまり、孤独ではなかったけど孤独感を感じているという状態ですね。

 

「外向的になろう!」なんて思うな!!まずは自分を受け入れよう

今ぼっちが辛い方は感情的孤独を感じていて、なおかつ友だちもいないというタイプです。

友だちをつくったところで感情的孤独(=孤独感)からは脱出できないのですから、まずは感情的孤独を退治することが先決です。

感情的孤独の原因は自分が受け入れられていないという感覚です。

 

まずは誰かから受け入れられているなと実感できる状態に持っていきましょう。

人から受け入れられるためには、まずは自分で自分を受け入れることが大事だよね~ということで、セルフアクセプタンスをしていきましょう

セルフアクセプタンスとはありのままの自分を受け入れるテクニックです。こちら↓を参考に。

内向型の才能と活かし方
内向的な性格に劣等感を感じる 外向的な性格がよしとされ、内向的であるということは反社会的だとさえ、表現される文化のなかでは内向的な人たちにとっては辛いものがあります。 僕も内向的な人間なのでずっと劣等感を抱いてきましたし...
外交的を科学的にディスってみた
外向的な人の特徴としては、 社交を好み、友達が多い リスクを恐れずに行動できる 物事の関して楽観的に受け止め、あっけらかんとしている などが挙げられます。 一見すると社会から好まれる理想の性格ですが、実は外向的な火...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました