学校でナメられない!自信をつけさせる心理術

 

学校では優しすぎる子供はからかわれたり、下手をするといじめられたりしてしまうものです。

けれども、子供は自分に自信がない子供は、傍から見るとどうしてもオドオドしているように見えてしまいますよね。

 

そこで今回は自信がなくても、自信があるように見える心理術をご紹介します。

 

難しいことは一切せずに威厳のある雰囲気を出すことができるのでぜひ試してみてください。

 

 

赤色のものを身につける

強さをアピールするのに有効なのが赤色のものを身につけることです。

 

というのも赤色はパワーカラーとして知られており、強さを見せつける色だからです。

 

例えば、赤いペンを制服のポケットに指す、赤い手帳やノートを使う、赤いバッグを使うなどで十分です。

 

赤色のアイテムが昆虫の大きな角や動物の牙のような働きをしてくれます。

 

 

 

声を大きく!

自信のある人は声が大きいです。

 

声の大きさと自信に関するこんな実験があります。

まず被験者にスピーチの音声を聞いてその人がどんな性格かを判定してもらいます。

 

すると、声を聞いただけでその人が「真面目かどうか」などは分からないものの、「積極性」や「大胆さ」は言い当てることができました。

 

話しかけられたときや授業で先生に指されたときにボソボソと喋らず、大きな声を出すことを心がけるといいです。

 

 

まとめ.「自信を持って!」

子供は学校に行くことに不安を覚えます。

ですがその不安を学校で出せば出すほどクラスで浮いてしまいます。

 

ですから仮に今不登校でも「あなたは悪くないから、堂々としなさい」「自信を持って!」と声をかけるようにしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました