人気者はうつになる?人間関係に疲れる人への処方箋

 

 

 

学生の皆さんは、「クラスで人気者になりたい」「みんなから認められたい」という願望は誰しもが持っていると思います。

 

一方で人間関係に疲れる、SNSに疲れるという思いをしている人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は人気を求めることの心理的なデメリットについて解説します。

 

想像してみてください。

人気に左右されることなく、自分らしくいられたら今のようなピリピリした感覚から逃れることができると思いませんか?

 

 

人気者はうつになる!?

人には内発的な目標を持つ人と、外発的な目標を持つ人がいます。

 

外発的な目標とはまさに、「人気になりたい」「認められたい」「スポーツで一番になりたい」「一生懸命勉強して学歴を褒めてもらいたい」などの承認欲求がベースになっている目標のことです。

 

こうした目標を達成しようと頑張る人は、不満度が高くうつになりやすいと言われています。

 

 

それに対して、内発的な目標とは、「自分の世界を満たしたい」「読書を楽しみたい」「昨日の自分よりデキるようになりたい」などの自己成長を目指すものです。

 

つまり、人気や称賛を求めるのは人間の心にとって毒でしかないことが分かります。

ですから「人と比べてどうか」「何人の人が見てくれているか」「人から好かれているか」ではなく、「自分が成長しているか」というところに目を向けてみるといいでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました