簡単!効率いい!音声記憶術

 

学生のみなさんは、「暗記しなければいけないことがどうしても覚えられない」と困っている方は多いと思います。

 

そこで今回は単語帳ノート、朝インプット夜アウトプット術、五感入力を使った記憶術について話します。

主に、理科や社会の科目で使ってほしい記憶術になります。

 

想像してみてください。

まとめノートをつくるよりも早く、かつ効率よく記憶できるとしたら大量に覚えられるはずですよ。

 

単語帳ノート

皆さんはどんなノートを取っていますか?

もしかすると、まとめノートとしてキレイなノートをつくっているかもしれません。

 

しかし、参考書をコピーしたようなノートをつくってもしょうがありません。

まとめノートをつくるときは、参考書を見てそれを写すという工程でしかないので、記憶の定着も期待できません。

 

それよりも記憶に特化したノートをつくりましょう。

具体的に言うと、ノートの1ページをまるごと使って1つの項目、その裏にその項目に対する答えを書きます。

 

例えば、1ページにまるごと「織田信長」と書いたら、その裏に「楽市楽座」と書く感じです。

そんな使い方もったいない!と思う方は、手帳を使ってみてください。

 

百均の単語帳を使ってもいいのですが、少し書きにくいのでオススメしません。

 

 

使い方としては、問題集で覚えられなかったところを単語帳ノートに書いておくといいです。

 

 

「夜インプット朝アウトプット+五感入力」でみるみる覚える

記憶は睡眠をしているときに、整理されると言われています。

ですから夜復習して、朝に思い出すといいです。

 

しかし、朝起きた直後に勉強するのは少しハードルが高いですよね。

そこでレコーダー活用術をご紹介します。

 

夜復習するときに、覚えることをレコーダーに声を吹き込みます。

そして朝その音声を聞くだけでオッケーですから、参考書を開く必要はありません。

 

また、視覚だけではなく聴覚からインプットするというのもポイントです。

五感のうち複数を使ってインプットすると記憶が定着しやすいと言われているからです。

 

 

 

読書ノート配信中

1日1冊分、LINEにてマインドマップを配信。読書ノートってどうやって書けばいいの?って方にオススメ。



読書術依存症の治療
をフォローする
読書家のあなたにオススメな有料記事
受験生のあなたにオススメな記事
コメント

コメントなし

Mind Quest

コメント

タイトルとURLをコピーしました