不登校が「自信度」を上げられない心理とは?

 

不登校になってから子供が反抗的、部屋でゲームにのめり込んでいる…

親としても日々不安とストレスがたまる一方ですよね。

 

そこで今回は子供の「自信度」を上げる方法について解説します。

 

学校に行かなくても自分に自信を持てるようになれば不登校は解決できます。

不登校になっている人というのは自信を失っていて自分の存在意義が分からなくなっているために苦しんでいるからです。

 

子供の自信度を上げて、温厚な性格を取り戻しましょう。

 

 

学校に行っていてもいなくても一人の人間として受け入れる 

子供が不登校になってこそ日常の会話を心がけてください。

子供は学校のことを言及されるたびに自己嫌悪に陥るからです。

 

子供が学校に行かなくなると 親と子供の間ではほとんど全ての会話が学校に行けるかどうかの開発なってしまいますよね。

 

例えば、子供が親を安心させるために「学校に行けそう」だと言い始めたなら親は喜ぶでしょうし、「やっぱり無理だ」となったら親は落ち込んだりり子供に対して怒ったりすることでしょう。

 

そういう風に子供が学校に行けるかどうかで親が一喜一憂すれば、子供は「自分が学校に行かないと何も価値がない」という風に捉えてしまいます。

 

 

なので大切なことは不登校になっているからこそ日常の会話を心がけることです。

 

 

NG:明日は学校頑張れる?

Good:そろそろプールの季節だね~

 

 

ゲームにのめり込んでしまうのも自分に自信がないから

子供が不登校の子供がゲームにのめり込んでしまって昼夜逆転の生活になってしまうのは理由は意外と単純です。

 

それはゲームをすることで自分が認められる感じがするからです。

ゲームをしていると「ゲームクリア!」「このクエストが達成できた!」というふうな達成感を得ることができます。ゲームを達成するということが自分の存在価値になっているのです。

 

それがオンラインでのゲームとなるとさらに自分の承認欲求を満たされることになります。バーチャルの世界で「~がいないとこのクエストは達成できなかったな!」「~の作戦が良かった」などという風に認められるのが気持ちよくなってゲームにのめり込んでしまうのです。

 

 

NG:「ゲームをやめろ!」

Good:「(この子は認められたいんだ)」

 

 

不登校生が望んでいることは自分への理解

不登校の子が望んでいることは自分を理解してもらいたいということです。親に反抗的になったり自暴自棄になっているのも自分のことをわかってもらえないという心理から来ています。

 

なので不登校になっている時こそ子供がどんな性格なのか、どんなことを考えているのかということをより考えることにようにしてください

 

そして子供の良いところも悪いところも受け入れてあげるようにするのです。

 

 

「あなたは学校に行かなくてもコミュニケーション能力があるから大丈夫よ」

「人に譲りすぎて疲れることもあるよね」

などなど・・・

 

 

NG:あなたはどうしてそんなに暗い性格なの?

Good:あなたは内向的だけど絵をかくセンスがあるよね

 

 

より効果的な声かけをするには子供の性格タイプを知った上で、どんな言葉が刺さるのかを考えて褒めてあげるといいです。

 

 

 

読書ノート配信中

1日1冊分、LINEにてマインドマップを配信。読書ノートってどうやって書けばいいの?って方にオススメ。



教育の心理学
をフォローする
読書家のあなたにオススメな有料記事
受験生のあなたにオススメな記事
コメント

コメントなし

Mind Quest

コメント

タイトルとURLをコピーしました