「学校行かなくてもゲームで稼げるじゃん」は4分の1ぐらい正解

教育の心理学
  • 「学校行く意味あるの?」と子供に喧嘩を売られた教師の方
  • 「今の時代ゲームでも稼げるじゃん」と言われたときに言い返せない教師の方
  • 論破してやりたい教師の方

にオススメの記事となっております。

今回は「学校行かなくてもゲーム実況とかで稼げるじゃん」と言い張っている子供は半分正解、いや4分の1ぐらいは正解かな、という内容の記事です。

 

ゲーム実況で稼ぐには学校が必要!?

ゲームで稼ぐことはできるが会社や学校と同じように忍耐力が必要

確かにゲーム実況でも稼ぐことはできます

実際にゲームや好きなことだけやって生計を立てている人はたくさんいるでしょう。

 

しかし、そう簡単なことではありません。YouTubeでもブログでも言えることですが、視聴者が集まるまでかなりの時間がかかります

つまり、反応がまったく返ってこないなか、来る日も来る日も投稿を続けなくてはいけないということです。

動画の編集するにもかなりの時間がかかります。(僕はやったことがあるので分かりますがマジでめんでぃーです。)

 

つまり、遊びや趣味で稼ぐにしてもかなりの忍耐力が必要だと言うことです。

 

また、ゲーム実況なんてすでにたくさんの人が参入しているレッドオーシャンですから、爆発的に数字が伸びることは期待できません。

ゲーム実況系のYouTuberを見ればすぐに分かりますがどの配信者の視聴数も高くもなく低くもなくって感じですよね。

つまりその分大量に投稿しないといけないわけです。

 

ゲームも趣味もお金のためにとなると結構めんどくなる

今はゲームが楽しくてたまらなく、「これが仕事だったらな」と思っているのでしょうが、いざお金を稼ぐためにゲームをするとなったら結構面倒になってくるものです。

 

これは内発的動機の話が根拠ですね。

内発的動機はこちらを参考に↓(何回も書いているので書くのがめんどいです。)

【綺麗事なし】「どうして学校に行くの?」の科学的結論
「どうして学校なんて行くの?」 学生なら誰もが一度はぶち当たる疑問なのではないでしょうか? 僕もこの疑問を抱き、高校では本を読みながら授業を聞き流していたものです。 当時は「どうせ役に立たないから」と思っていたのですが...

 

それでも不登校実況者の道を選ぶならやらせてみてもいいんじゃない?

学校に行かずに「YouTuberで生きる」なんて言い出す子が続出する未来はそう遠くないと思います。

実際にそれが可能なのですから。

 

もし親御さんがこの記事を読んでいるのなら、

  • ゲームで稼ぐのもそう簡単ではない
  • 稼ごうとした瞬間ゲームが楽しくなくなるかもしれない

ということを子どもさんにお伝え下さい。

それでも「やってみたい」というのなら「やってみろや!!」と応援してやってください。

まー、シンプルに学校行きながらやればいいと思いますけど。

 

教師ども、勘違いするなよ?僕は学校が嫌いだし僕だったら行かないよ。

もし、ここまで読んだ教師の方のなかで「このサイトの運営者はいいこと言うなー」なんて思っている方がいるなら、一言言わせてください。

勘違いしてんじゃねーよ。

 

ここまで親や教師の肩を持ってきたのですが、基本的に僕は不登校肯定派です。

僕も学校が大嫌いでしたし、「もう一度小学生からやり直せ!」と言われたら迷わず不登校の道を選ぶと思います。

 

そもそも子供が「学校に行く意味あるの?」なんて思うのが異常事態なのです。

「勉強っておもしれーじゃん」って思わせるのがあなたたちの仕事でしょーが。

だってそれ以外ホントに存在意義ありませんよ、あなたたちは。

あなたたちよりも教えるのが上手で、ベッドの上でゴロゴロしながらでも教えてくれるデジタルコンテンツがあるのですから。

僕だったら絶対学校の授業料払うより神授業見ますもん。

 

そして答えを自分で考えようともせず人様の知識に頼っているのも異常です。

どうか僕が苦労して集めた知識が、愚かな教育者が子どもを制圧するために悪用されないことを願います。

分かったか!!はーはっはっはーー!!

 

学校の唯一のメリットは忍耐力を磨けること

学校で唯一鍛えられる能力は忍耐力です。ハッキリ言ってそれだけです。

(もちろん数学者になる方や、教師になる方には役立つスキルもありますが汎用的に役立つ能力は忍耐力だけでしょう。)

 

ですから親御さんが学校に行かせようと子どもを説得したいのなら、

  • 忍耐力をつけることができるよ
  • 学校行っとけばYouTubeで使えそうなエピソードとかネタもできるじゃん

という2つのポイントを伝えておきましょう。

 

もちろん学校でいじめられているとか、孤立していて辛いというのなら迷わず不登校という選択をするべきです。

どうせ改善しませんから。

 

その代わり自制心や忍耐力を鍛えられるように、長期的に努力して達成させることを経験させてください。

YouTubeは、

  • 視聴数をとるために絶対に継続力が必要であること
  • オリジナリティを生み出す工夫が必要であること
  • リアルな反応や達成感が返ってくること

を加味すると、最強の学習ツールとなります。

 

動画配信をやってみたいという好奇心自体は素晴らしいものです。

ぜひ応援してあげてください。

 

本日の即実践!プラン
  • ゲームで稼ぐのもそう簡単ではない
  • 稼ごうとした瞬間ゲームが楽しくなくなるかもしれない
  • 学校も作品作りに役に立つ

子どもさんにこの3点を理解してもらいましょう。言うと言わないでは雲泥の差です。

結果的に学校に行っても行かなくてもね。

読書ノート配信中

1日1冊分、LINEにてマインドマップを配信。読書ノートってどうやって書けばいいの?って方にオススメ。



教育の心理学
をフォローする
読書家のあなたにオススメな有料記事
受験生のあなたにオススメな記事
コメント

コメントなし

Mind Quest

コメント

タイトルとURLをコピーしました