お人好しは貧乏になる!?損しないための心理学メソッド

魅力
  • 「お人好しすぎて人生損してそうだね」
  • 「もっと自分に優しくなったほうがいいよ」

お人好しすぎる人は周りの人から心配されがちです。お人好しすぎるのかなと不安になってしまいますよね。

 

しかし一方で、

  • 「優しくて性格がいい自分が変わる必要があるのか?」
  • 「親切な自分が報われてほしい」

という風に変わることを拒否している自分がいるのではないでしょうか?

そこで今回はお人好しなあなたが損をせずに人生を楽しむための心理学的メソッドを紹介します。
あなたが取るべき心理戦略は「ヘルパーズハイ」を使いこなすことです。

今日もはりきって「自己育成」じゃ!
今日習得する技はこちら。

[技]ヘルパーズハイ

親切をすることで充実感を感じることができる。幸福な気分を味わうことで、精神力忍耐力がぐーんと上がる。

 

お人好しな人の特徴

親切である

他人に思いやりを持ち、親切な行動をすぐに起こすことができます。

ときにはお金を貸してしまったり、過剰な親切をしてしまったりして自分が損をすることも。

 

自分のお金や時間を人のために使いすぎてしまうことには注意。

 

優しい・共感力がある

あなたは弱い人が放っておけない性格です。

例え、みんなが嫌っている人や苦手な人でも拒絶することなく付き合います。

 

ビッグファイブ診断テストで「調和性」をチェック!

こちらではビッグファイブという性格分析法に基づいた性格テストを受けることができます。

このテストで「調和性」という項目が高いと判断された人はお人好しな傾向があります。まだ受けていない人はぜひ受けてみてくださいね。

 

お人好しのメリット

お人好しのメリットは幸福度が高いこと

人に優しく、協調性のある人は幸福度が高いです。

調和性(優しさの指標)が高い人ほど人間関係、学歴、仕事など様々な成功をつかみやすいと言われています。

なぜなら、共感力があれば人間関係も円滑に進みますし、協調性が高いほど学校や会社という組織に馴染みやすいからでしょう。

企業も尖った人よりも謙虚で素直な人を好みますから、いい会社に入る傾向も高くなります。

結婚してうまくいくのも調和性の高い人です。

 

結果として、幸せな人生をつかむことができます。

 

お人好しのデメリット

お人好しのデメリットはやや貧乏になる傾向が高いこと

調和性(優しさの指標)が低く、性格が悪い人ほど年収が18%高いというデータがあります。

なぜなら、調和性の低い人ほど感情に惑わされず合理的な判断を下せる上、ハッキリと自己主張できるからです。

調和性の高い人は遠慮がちで出世競争では不利になりがちなわけですね。

 

また、お人好しな人は金銭感覚がゆるい傾向があり、金銭トラブルを抱える危険性が高いです。

いくら人を助けるためと言っても、借金を肩代わりしたりお金を貸したりなどは控えましょう。

 

「あれ?結局優しい人ってお金で成功しやすいの?失敗しやすいの?」と思ったそこの君!なかなか鋭いの。

まとめると…お人好しは経済的に成功しやすく、失敗もしやすい

お人好しで調和性の高い人は会社に好かれやすくそれなりに年収も安定しますが、金銭トラブルを抱えてしまう危険性も高いです。

なので結果的に調和性の低い人ほど年収が低くなるというデータになっているわけです。

 

つまり、「自己犠牲的なお人好し」は結局損をしてしまうのです。

いい人ほど損をするコントラスト効果

コントラスト効果とは、例えば、普段いい人の悪い一面が見えたりすると、マイナスなイメージの方が強く残ってしまうという心理効果です。
ですから普段から無理していい人を振る舞っていても、どこかでボロが出ると結果的にはマイナスなのです。
逆に普段は冷たい人がちょっと優しい一面が見えると、「実はこの人優しいんじゃないか」となるので得ですよね。
ですから普段から優しくある必要はありません。
ここぞというときに「いい人」になって好感度をゲットすればいいわけですね。

お人好しを使いこなす方法

「ヘルパーズハイ」を意識して感じ取ろう

「ヘルパーズハイ」とは人に親切したときにこっちまで嬉しくなって「ハイ」の状態になることです。

人を助けたときになんとも言えない充実感を感じたことが一度はあるのではないでしょうか。あの感じがヘルパーズハイです。

 

ヘルパーズハイは幸福度が上がり、やる気もアップします。

なぜなら、他人に対して親切をするとポジティブな感情が生まれ、ドーパミンが分泌されるからです。ドーパミンが出ることによってやる気がアップするというわけ。

また、親切をすることによってうつ的な気分が解消されたという研究もあります。

親切、恐るべし!

 

ですからお人好しな人は、周りからの「お人好しだね~」なんて言葉を気にせず、ガンガン親切しちゃって大丈夫なわけです。

ただし、自分がお金を負担したり、あまりにも自己犠牲的になったりすることがないように気をつけましょう。

 

心の筋トレ「心トレ」で矯正することも可能

優しすぎて疲れてしまったり、自分が損をしてしまったりする場合は、性格改善のトレーニング「心トレ」をしてみましょう。
「心トレ」とは行動療法と呼ばれるテクニックです。
(テクニックと言っても荒療治なのですが)
行動療法とは、自分の性格を認知した上で普段やらないような行動をとってみることです。
言ってみれば「性格変えたいんだったら行動から変えてみようよ」っていう話です。
自分のお人好しな性格を変えたい場合は、いつもは妥協するところで張り合ってみる、ちょっと空気の読めない行動をとってみるなどを実践して、お人好しではない自分に慣れていきましょう。
筋肉に負荷をかけて太くするように、心に負荷をかけて精神を強くするのです。
いわば筋トレならぬ、心トレです。
僕も、もともとの性格は調和性(優しさ)が高く周りに流されるタイプです。でも優しいだけじゃ損もしますよね。
そこで高校時代は空気の読めないことを意識的にやるようにしました。
思い出深いのは「全行事ボイコット計画」です。文化祭やら体育祭やら音楽祭やらに興味がなかった僕はすべて非協力でした。
みんなが準備するときにシラ~っと帰っていたのです。
自分の意志で決めることがポイント
あくまでも自分の意思で行動することが大事です。
僕の例をとっても、「誰かがサボっているから僕もサボる」では、心トレの効果は期待できません。
皆さんも精神を鍛えるためだと思って、ちょっと空気の読めないことをしてみてください。
  • いつもは電車で端っこに座るけど、今日は真ん中に座ってみる
  • 遊びに誘われても断る
  • 残業せずに定時で帰る

などの小さいことでOKです。

ちなみに会社員の方にオススメのテクニックに「ダミー鞄作戦」があります。
出勤するときの鞄にもうひとつの小さな鞄を隠し持っておくのです。
帰るときはデスクに出勤の方の鞄をおいて「まだ会社にいますよ」とアピールしておき、小さな鞄の方でトンズラするというテクニックです。
こんな風にゲーム感覚で空気を乱してみましょう。
「嫌われる勇気」はほどほどに
空気を乱す心トレをご紹介しましたが、心トレはあくまで断るべきときに断れるようにするためのトレーニングです。
自分が純粋に「親切をしてあげたい」と思ったときは素直に助けてあげていいでしょう。
そもそもお人好しを直すべき理由は他人基準で自分の意思を決定しているからです。
例えば、「定時で帰ったら周りの人にどう思われるだろうか。」「断ったら嫌われるんじゃないか」という他人基準の考え方でお人好しをするなら止めておきましょう。
自分基準でお人好しするか決めるのが大事
先ほど僕が学生時代文化祭の準備をボイコットしていた話をしました。
その理由は「どうせ放課後残っても、みんな喋ってばかりで準備なんて進まないだろう」と推測していたからです。
「時間を無駄にしたくない」という自分基準で物事を考えたわけですね。
「みんなが残ってるから僕も残るべきだよな」と考えるのは他人基準です。
そんな僕ですが、文化祭本番の出店はちゃんと手伝っていました。
僕はもともと責任感と思いやり溢れる人間なので、「手伝ってあげたい」と思ったからです。
(これも自分基準の選択ですね。)
ちなみに「協力するときはする」というスタンスをとることで、最初に紹介したコントラスト効果もいい方向で働いてくれます。
もしかしたら「準備に協力してくれなかったのは用事があったからなのかも」などと勝手に思ってくれたかもしれません。
これこそ賢い心理戦略ですね。

この知識を実践したら精神力+1、忍耐力+1差し上げようかの。

 

読書ノート配信中

1日1冊分、LINEにてマインドマップを配信。読書ノートってどうやって書けばいいの?って方にオススメ。



魅力
をフォローする
読書家のあなたにオススメな有料記事
受験生のあなたにオススメな記事
コメント

コメントなし

Mind Quest

コメント

タイトルとURLをコピーしました