「YouTube見ちまった…」時間のムダを成長に変える心理テクニック

副業の心理学
【Quest】受動的娯楽を能動的娯楽に変換しよう!

【獲得経験値】

【参考本】

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

 

  • 「読書しようと思ったのにYouTube見てしまった」
  • 「ついついテレビを見てしまう」

「誘惑に負けて時間を無駄にした」と後悔することはよくありますよね。

そこで今回は時間の無駄に思える行動を成長に変えるテクニックについてご紹介します。

 

能動的娯楽に変える!「何を得られたか」を考える

趣味には受動的娯楽能動的娯楽があります。

受動的娯楽とはテレビを見る、ゲームをする、YouTubeやネットフリックスを見るなどの積極的な姿勢が必要のない趣味です。

ただただ流れていく情報を処理していくだけの暇つぶしのことを言います。受動的娯楽は手軽に楽しめますが、満足感は低いです。

 

対して、能動的娯楽とは絵を描く、楽器を演奏する、読書をするなどの積極的な姿勢で取り組む趣味です。

楽しいという感情だけでなく、「自分が成長した」「上達した!」という感情が湧いてきます。よって能動的娯楽はちょっと手を出しにくいですが、満足度が高い趣味です。

 

気力があるなら今やっている受動的娯楽を能動的娯楽に置き換えることに越したことはありません。

テレビを見ている時間を読書の時間に変えれば人生の満足度はかなり高まるでしょう。

 

と言っても「能動的趣味には手を出しにくい」「ついつい手頃な誘惑に負ける」という方もいます。

そこで受動的娯楽を能動的に変換していきましょう。テレビ・YouTube・ネットフリックスなどから「何を得られたか」と考えるのです。

例えば、僕の場合だったらポケモンのゲームをしながらデザインの勉強もします。「なるほど後ろ姿はこういうデザインなんだ」「こんな風に影をつけるんだ」みたいな感じです。

ぼーっとプレイしていると気づかない学びが得られることでしょう。

ノートやペンを用意する必要はありません。「何かを得るぞ」という姿勢さえあればいいので簡単にできますよね?

 

テレビでバラエティを見たときは笑いの構造について学んだ知識を使って、「さっきの件は面白かったのに、なんで今回の件は笑えないんだろう」みたいに考えてみたりします。

 

皆さんも自分の強みを活かして受動的娯楽を能動的娯楽に変換していきましょう。

「YouTube見ちゃったな」「時間を無駄にしたな」と罪悪感を感じるよりもそれによって何を得られたかと考える方がメンタル的にも健全です。ぜひ試してみてください。

 

読書ノート配信中

1日1冊分、LINEにてマインドマップを配信。読書ノートってどうやって書けばいいの?って方にオススメ。



副業の心理学
をフォローする
読書家のあなたにオススメな有料記事
受験生のあなたにオススメな記事
コメント

コメントなし

Mind Quest

コメント

タイトルとURLをコピーしました